width="1024"

特定コアパートナー部
部長 K

特定コアパートナー部
【運用カイゼン & 特定コアパートナー(顧客)】
システム統合開発課と社会基盤ソリューション課で構成される当部は、システム利用者や
コアパートナーである特定顧客の目線で、IT Process Automationや効率化をメインとした
システムづくり、運用カイゼンを推進していきます。

システム統合開発課

■システム統合開発課とは
システム統合開発課は、プロとしてお客様から報酬を得ています。
プロの仕事なので納期や品質、コストなどに責任を持って仕事をしています。
プロの仕事なので先端技術を活用して仕事しています。
 
 でもそれだけじゃないんです!

システム統合開発課は、”人”が重要と考えています。
”人”は我々技術者だけではありません。
顧客がいるからシステムづくりが始まります。
利用者がいるからシステムとして成り立ちます。
運用維持が出来て初めてシステムとして動きます。
ユーザーや運用のことを統合的に考え提案し、システム開発する。
それがシステム統合開発課です。

■課の主な活動
システム統合開発課は発足して間もないこれからの組織です。
まずは客観的に見てどうなのか?を中心に議論していきます。

例えば
□システム開発をがんばらないという技術力はないか?

 お客様のあれも欲しい、これも欲しいといった要求に応えれば
 良いってもんじゃありません。
 いっそのこと機能を作らないという提案もあるんです。
 いっそのこと実績のある製品を買って使ってもらうという提案もあるんです。

 シンプルなシステム作りはお客様のコスト削減につながります。
 システムとしてのメンテナンス性も向上することでしょう。
 あと、システム開発をしなければ我々のバグも減ります^q^

■課のPR
複雑に絡み合っている世の中の何かを、簡潔かつ単純にすること。
それがコンピュータシステムに与えられた命題だと考えます。
物事を幅広く考えて強固なシステム開発をみんなで体験しませんか?

width="1024"

社会基盤ソリューション課
課長 T

社会基盤ソリューション課

■社会基盤ソリューション課とは
社会的重要性の高いミッションクリティカルなシステム開発を中心に行う組織で、
富士通様の案件実績が多数あります。特に基盤構築と運用設計を得意としており、
みなさんが普段何気なく利用している銀行や通信キャリアのシステムにも多数関わっています。

責任は重大ですがQCD(品質・コスト・納期)を重視することでお客様から多くの信頼を得ており、
組織のノウハウはみなさんにとっても、長く活かせる技術になるかと思います。

■課の主な活動
SEの仕事は、顧客の業務要求を吸い上げ、システムを作り上げること。
そのためには、言われるがままではなく、真にお互いにとって良いシステム・正しいシステム
作りを目指す必要があります。また、当社の社員だけでなく、パートナー企業とも協力関係を築き、
お互いを高め合う関係を目指す必要があります。

社会基盤ソリューション課では、PJ稼働管理・人材育成を二本の柱として取り組み、
それを成し遂げることで顧客の期待に応えます。

・PJ稼働管理
課会にて「PJ状況報告」「アサイン共有」「メンバー近況確認」「稼働状況確認」を行うことで、
今後の課の方向性を共有し、問題プロジェクトがあれば対策します。

・人材育成
現場での褒められ体験や真似したい立ち居振る舞いの共有、技術共有、研修会レポートを
定期的に行っています。半年に1回、査定の際にメンバーごとの目標設定を行い、前期までの
達成度を確認しあいます。これらの活動により、IT知識だけでなく、本当によいシステムを
作るためのエンジニア像を目指します。

■課のPR
顧客から信頼され、関係各社と真のパートナーシップを結べる課、
それが社会基盤ソリューション課です。
みなさんも世の中のニーズや技術の進化に左右されない真の技術を、当課で得てみませんか?
(本当の意味で手に職をつけてみませんか?)

チャネルソリューション部

    フロント開発技術Unit