プライバシーポリシー

●個人情報保護方針

ソリッドコミュニケーション株式会社(以下「当社」という)は、“幸せのある会社”を目指しています。
当社の業務は主として自社やお客様の指定作業場所で行うシステム開発業務とシステム運用業務です。 それはお客さまから委託されたものが多いですが、自社独自のソフトウェア開発も手がけ始めています。 そしてその当社の行なう業務においては、さまざまな個人情報に触れる可能性があります。
そのため個人情報保護は重要な役割であると考えています。 そこで当方針に従い、JISQ15001(個人情報保護マネジメントシステム)の要求事項に適合した個人情報保護のためのルール及び社内体制を 「個人情報保護マネジメントシステム」として定め、万全の体制を敷いて個人情報の適切な取り扱い及び個人情報の保護に取り組んでまいります。

1.当社が保護する個人情報について

個人情報とは、その情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述、 又は個人別に付けられた番号などによってその個人を識別できるもの (その情報だけでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それによって個人を識別できるものを含みます)をいいます。 当社では、上記業務に付随してお預かりした個人情報はもちろん、社員等及び取引先の個人情報等も保護の対象として適切に取り扱ってまいります。

2.個人情報の取得、利用、第三者提供について

当社は、個人情報の取得、利用、第三者提供について、JISQ15001(個人情報保護マネジメントシステム)の 要求事項に適合させ、以下の通り適切に取り扱ってまいります。

(1) 個人情報の取得

①直接書面によって取得した場合
あらかじめ、書面によって本人に明示し、同意を得ます。
②直接書面取得以外の方法によって取得した場合
速やかにその利用目的を本人に通知するか、公表をいたします。

(2) 個人情報の利用

得した個人情報は利用目的の範囲内でのみ利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。

(3) 個人情報の第三者提供

個人情報を第三者に提供する場合は、本人の同意を得ます。

ただし、当社は、個人情報の取得、利用、第三者提供について、 『「当社の個人情報保護方針」における適用除外項目』のいずれかに該当した場合はその限りではありません。

3.法令、国が定める指針、その他の規範の遵守について

当社は、「個人情報保護マネジメントシステム」の運営にあたり、 個人情報保護に関する法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守し、個人情報を保護してまいります。

4.個人情報保護のための安全対策の実施について

当社は、個人情報の取り扱いに際しては、個人情報の漏えい、滅失又はき損等の防止を徹底するため、 事業所の入退室管理、コンピュータシステム上の安全対策などのほか、次の各種の措置を講じ、 適切かつ合理的なレベルの安全対策を導入することで皆様の個人情報保護の適切な管理を実施してまいります。

(1) 提供先(委託業務先を含む)の管理

業務上、個人情報を当社以外の第三者に提供する場合には、 当社規定の基準に従い個人情報保護のための安全性を確認した第三者の提供先に限定します。

(2) 社員等の監督

個人情報保護体制を統括する個人情報保護管理者を中心に、全社をあげて個人情報保護を推進しています。 当社の社員等ひとりひとりが、個人情報保護の重要性を理解し、個人情報を取り扱う際には十分な注意を払います。

(3) 是正・予防措置

個人情報の取り扱いを適時是正し、個人情報の事故を未然に防止するため、管理事項の定期点検とともに監査を実施します。 又、予想を絶する大規模な天災等による不可抗力に起因する個人情報に関わる事故が発生した場合にも、 被害の拡大を防止する措置を速やかに講じた上、事故の原因を分析し、再発を予防する措置を講じます。

5.個人情報の取り扱いに関する苦情及び相談

当社は、個人情報の取り扱いに関する苦情、相談等に対して、対応窓口として「個人情報お問い合わせ窓口」を設置し、 速やかに対応を行なってまいります。又、苦情、相談等に基づき、「個人情報保護マネジメントシステム」の改善をしてまいります。

6.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

当社は、以下の報告に基づいて「個人情報保護マネジメントシステム」を見直し、継続的改善を行なってまいります。

(a)監査及び個人情報保護マネジメントシステムの運用状況に関する報告
(b)苦情を含む外部からの意見
(c)前回までの見直しの結果に対するフォローアップ
(d)個人情報の取扱いに関する法令、国の定める指針その他の規範の改正状況
(e)社会情勢の変化、国民の認識の変化、技術の進歩などの諸環境の変化
(f)当社の事業領域の変化
(g)内外から寄せられた改善のための提案

当社は、以上の方針のもと個人情報を保護することを宣言いたします。

【個人情報保護に関するお問い合わせ(苦情及び相談受付窓口)】
・お問い合わせ先:個人情報お問い合わせ窓口
・責任者:個人情報保護管理者 濱上 佳意
・電話:03-5212-5235 (平日10:00-17:00)
・Eメール:privacy@solidcom.co.jp

制定日 平成19年 7月 2日
改定日 平成20年 5月27日
改定日 平成23年 1月27日
改定日 平成24年 3月 1日
改定日 平成24年 9月 3日
改定日 平成25年 7月 1日
ソリッドコミュニケーション株式会社
代表取締役社長  金子 健吾
当社の個人情報保護方針」における適用除外項目

1. 本人から直接書面によって取得するとき、同意を得なくてもいい場合の適用項目

(1)法令等に基づく場合や、法令等に違反する場合(含:そのおそれがある場合)

(2)本人、又は第三者の生命、身体、財産、および正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合

(3)各種団体(国,国の機関,国際機関,地方公共団体等を含む)等の正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合。 又は他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれのある場合

(4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合

(5)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

2. 個人情報を上記1.以外の方法によって取得したとき、同意を得なくてもいい場合の適用項目

(1)本人、又は第三者の生命、身体、財産、および正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合
(2)各種団体(国,国の機関,国際機関,地方公共団体等を含む)等の正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合。 又は他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれのある場合
(3)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

3. 個人情報を特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用するとき、同意を得なくてもいい場合の適用項目

(1)法令等に基づく場合や、法令等に違反する場合(含:そのおそれがある場合)
(2)本人、又は第三者の生命、身体、財産、および正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合
(3)各種団体(国,国の機関,国際機関,地方公共団体等を含む)等の正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合。 又は他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれのある場合
(4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合

4. 個人情報を第三者に提供するとき、同意を得なくてもいい場合の適用項目

(1)法令等に基づく場合や、法令等に違反する場合(含:そのおそれがある場合)
(2)本人、又は第三者の生命、身体、財産、および正当な権利利益を害するおそれがある場合や一般通念上明らかに保護する必要がある場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
(4)既に次に示す事項、又はそれと同等以上の内容の事項を本人に明示又は通知し,本人の同意を得ているとき
1.当社の氏名又は名称
2.個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
3.利用目的
4.個人情報を第三者に提供することが予定されている場合の事項
a) 第三者に提供する目的
b) 提供する個人情報の項目
c) 提供の手段または方法
d) 当該情報の提供を受ける者又は提供を受ける者の組織の種類及び属性
(5)大量の個人情報を広く一般に提供するため,本人の同意を得ることが困難な場合であって, 次に示す事項又はそれと同等以上の内容の事項を,あらかじめ,本人に通知し,又はそれに代わる同等の措置を講じているとき
1.第三者への提供を利用目的とすること
2.第三者に提供される個人情報の項目
3.第三者への提供の手段又は方法
4.本人の求めに応じて当該本人が識別される個人情報の第三者への提供を停止すること
5.取得方法
(6)法人その他の団体に関する情報に含まれる当該法人その他の団体の役員及び株主に関する情報であってかつ, 法令に基づき又は本人若しくは当該法人その他の団体自らによって公開又は公表された情報を提供する場合であって、(5)で示す事項 又はそれと同等以上の内容の事項を,あらかじめ,本人に通知し,又は本人が容易に知り得る状態に置いているとき
(7)特定した利用目的の達成に必要な範囲内において,個人情報の取扱いの全部又は一部を委託するとき
(8)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報を提供する場合であって,承継前の利用目的の範囲内で当該個人情報を取り扱うとき
(9)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,次に示す事項又はそれと同等以上の内容の事項を, あらかじめ,本人に通知し,又は本人が容易に知り得る状態に置いているとき
1.共同して利用すること
2.共同して利用される個人情報の項目
3.共同して利用する者の範囲
4.共同して利用する者の利用目的
5.共同して利用する個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称
6.取得方法
©︎ 2018 Solid Communication Inc.